銀魂 舞台 挨拶。 『銀魂 THE FINAL』、これがホントの最後のバカ騒ぎ!最後の舞台挨拶を開催(マイナビニュース)

あほのひであき イベントの最後には、宮脇監督と主演の杉田からファンへのメッセージが贈られた。 きっと皆さんの心にもずっと残り続ける作品だと思います。

17

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』、1月23日 土 ロードショー。 まずはここまで来れたことに心より感謝申し上げます。

8

え?僕ですか?僕は……多分泣いちゃうでしょうね。

8

12時20分の回の上映前は、坂田銀時役の杉田智和さん、志村新八役の阪口大助さん、神楽役の釘宮理恵さん、の万事屋メンバー3名が登壇。 この期に及んで申し訳ありませんでした」と原作者への「ごめんなさい」を告白して笑いを誘った立木は、続けて「そして、これだけは言いたいです。

12

杉田智和(坂田銀時役)コメント この作品で、最後という言葉の意味が変化したり進化した印象があります。

今回、2月13日(土)に、最後の舞台挨拶が 新宿バルト9にて開催される。 中井は、「うちの子には『あまり銀魂を観るんじゃありません』と言っていてごめんなさい!」と言いながらも、今や子供もすっかり成長したことに触れ、あらためて15年という年月の長さを実感していた様子。

8

中でも主人公の坂田銀時を演じる杉田は、まばゆい輝きを放つ「銀の」羽織袴を披露! 今年の干支・丑年にちなんで牛柄になったエリザベス、宮脇千鶴監督も登壇し、全員揃って「明けましておめでとうございます!」と新年の挨拶を行い、新年会らしいムードでイベントがスタートした。 鈴村は、自身のラジオで「『鬼滅の刃』と『銀魂』どちらが好きか」という質問を受けた際に、「勢いで『鬼滅の刃』と答えてしまってすみませんでした!」と言いつつ、あらためて「『銀魂』も大好きです!」と笑顔を見せた。 杉田さんは、TVシリーズでの『千の風になって』をうろ覚えで歌うシーンを取り上げ、「真面目に歌わなくてごめんなさい。

17