始祖 ユミル かわいい。 始祖ユミルが座標空間(道)で少女の姿のままである理由 進撃の巨人の謎を考察

余談 本編で早くから登場するも長く名前が明かされず、単行本9巻収録の37話で初めて明かされた 9巻の登場人物紹介ページでは「名前不詳」。 「終わりだ」 「 俺がこの世を終わらせてやる」 「 俺に力を貸せ」 「 お前は奴隷じゃない 神でもない ただの人だ」 「 誰にも従わなくていい お前が決めていい」 「 決めるのはお前だ お前が選べ」 「 永久にここにいるのか 終わらせるかだ」 「オレをここまで導いたのはお前なのか?」 「待っていたんだろ」 「ずっと」 pixivision• おめでとうございます。

6

「始祖ユミルは死んで座標(道)に行った」というのは誤解? あの砂漠のような空間をなんと呼べばよいのかちょっとよくわからないので、このページでは座標空間とします。

始祖ユミルがエレンを操っているような気がする理由を書いていきます。 ある継承者が見たと言った道や、ジークの復活。 このときなにをしたかといえば、巨人の能力をかわれ王の妻という身分に格上げされます。

13

…… …… 結果、クリスタ・フリッツは契約からほぼ2000年間、自由を奪われ歳を取ることもなくたった一人で道の中で巨人を作ってきた。 また、「九つの巨人」を継承した者は継承してから13年しか生きられず、それはユミル・フリッツが大地の悪魔と契約してから死亡した期間と同じ年月であり、「 ユミルの呪い」と言われている。 地鳴らしが止まる• 2021-02-15 17:50:49• 130話のタイトル「人類の夜明け前」には「第1話の前」という意味も含まれているのかも。

10

黒髪で長身の少女で、そばかすと特徴的な鋭い目つきをしている。 一見、真逆のようにさえ見えるこの2つの独善はなぜ生まれたのか。 ユミルと悪魔の契約にて生贄のクリスタが悪魔に心臓を渡してるシーンを描いてあるのです。

9

なぜ死後ではなく、謎の生物との接触の瞬間に座標空間へ飛んだということになるのか。 いつか「進撃の巨人」の継承者が自分を開放しに来るのを待って、永遠のワンオペ巨人製造業務をこなしていたのだと思います。 作中に奇行種が度々クローズアップされるのには、そういう理由もあったりしないかな — エドノポー 進撃の巨人ネタバレ考察マガジン edonopoh 座標のユミルは、ただ王の命令のみを聞く無垢的な存在だったのか。

4

そしてエレンの中で支配が勝ち、自由が負けた。 が、明らかに様子がおかしいのです。 。

見事なミスリードだな。 こうしてできた九つの巨人は、 時代を経るごとに分散していきます。

6