恥知らず の パープル ヘイズ 漫画。 恥知らずのパープルヘイズに登場するスタンド一覧|コミックマニア倶楽部

そしてその成長に伴って、 彼のスタンド「パープル・ヘイズ」もある進化を遂げてーー。 同様にフーゴにスポットを当ててParte5を補完するが、ノベライズ同士は相互影響せず内容が異なる。 他の3人をのオルティージャ島に向かわせて、自身は東端の野外劇場でフーゴらを迎え討つ。

ムーロロは原作で名称だけの登場だった情報分析チームの所属。 能力が強すぎるから• ウィルスを体内に呼吸或いは皮膚から取り込んだ生物は、あっという間に獰猛に体内で増殖したウィルスに体を蝕まれ30秒以内に発病。 パープル・ヘイズのカラーイラストは原作に存在しないため、「恥パ」の表紙にて初めて設定された。

かつてはパッショーネと敵対しており、ディアボロを打倒するために組織から離反したブチャラティたちと共闘した。 アニメ版ではフーゴとの出会い以前にブチャラティと会い、直々にスカウトされたような描写になっている。 この際のカラーリングが基本色として「」やアニメ版にも採用されることとなった。

18

ディアボロを連想させる「ボス」という呼び方を好まず、「ジョジョ GIOGIO 」と呼ばれる事を望んでいると語る。

能力は、短剣の刃に写る人物に対し、自分の受けたダメージの七割を、相手に移すことができる。 フーゴの活躍はそのスタンド能力の扱いづらさから、スタンドの「パープルヘイズ」を出したのはポンペイの「マン・イン・ザ・ミラー」戦での僅か1回という敵キャラ並に出番の少ない立ち位置でした。 回想で登場。

19

ジャンルッカ・ペリーコロ パッショーネの幹部だったヌンツィオ・ペリーコロ の息子。 因みに劇中で登場した治療薬はヘビの血液から生成されたものなので、厳密に言えばワクチンではなく である。

2

しかし祖母を罵倒されたことがフーゴの怒りを買い、上述の暴行事件に発展した。 暗殺チームからの依頼で焼けた写真の復元を行い、それがジョルノとミスタがギアッチョに襲撃されるきっかけとなった事から、身の潔白を証明するために麻薬チームの始末を命じられる。 ネアポリスの学生であり、現在のパッショーネのボス。

2