バカボン の ママ。 バカボンのパパ

大学時代のあだ名はキャロル。 世代的にバカボンの第1シリーズや第2シリーズ直撃世代の古田さん。 巻末には、五十嵐隆夫が担当記者時代に紛失したという幻の一話を特別収録。

4

連載開始で誕生してさほど大きくなっていないことを考えるとそのくらいが妥当だと思います。 にのイメージキャラクターとして双子の兄弟の「ルルルのおじさん」が選ばれ、には「レスパ」のCMに出演。

12

長編オムニバス作品「10本立て大興行」2本目の「これはイケナイ! その後母親に再会したパパは、母親に「3000円返してください」と返済を迫り、さらに利子も請求するなど、借金と失踪がきっかけで、母子の情愛がなくなった。 漢字では「一」と書き、ママが「なんでも一番を目指して欲しい」という願いを込めてつけた。

5

なお、原作漫画「30年目の初顔あわせなのだ」では故意の放火だった)、同じく第2作「ショートギャグでコニャニャチハ3」で、パパの善意が暴走し服まで買われてしまい凍死したセールスマンなど• テレビアニメ版では、第1作 第35回後半「パパとママがけんかをしたのだ」 で一度だけ北浜が代役となったこととを除けば、第4作までバカボン一家の中で唯一シリーズを通して声優が変わっていない。 「レレレのおじさん」のモデルは、作者がかつて愛読していたの漫画のキャラクターがヒントになっているという。

青成(あおなり)くん 声 - 沢田和子、 バカボンのクラスメート。

若いころの衣装は着物ではなくスーツだったが、柄は同じ。

」 「タリラリラ〜ン」 「コニャニャチハ」 「はんたいのさんせい」 「さんせいのはんたい」 最初は頭が良かったという事実に驚きです! 本名もあるみたいですね! お母さんの方もニックネームは 「あっちゃん」 らしいので、それに合った名前なのではないかと 言われています。 原作のみに登場。 作者は毎回最終回! と思いながら描かれていたらしく、 いつも全力投球だったそうです。